FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年9月~2015年3月あたりまで見た映画

ツイッターに書き込んだやつに補足したモノ。時間に逆順で。

2015年3月
Ashe Diamonds ‏@ashediamonds123
そしてエンドロール前から思い切りさだまさしの歌。ああ、さだ原作なのか。あーあと思ってしまう。それにどことなく池田大作的な匂いが…。石原さとみもいるし。あ、でも、脇の真木よう子や石橋蓮司や山崎一や萩原聖人はよかったです。主役は大沢たかおさんなのでいつも通りですねw職人三池崇史監督。

Ashe Diamonds ‏@ashediamonds123
くしくも似た題材を扱った「幕が上がる」と「くちびるに歌を」。共に大林映画へのオマージュが加味されていたな。

Ashe Diamonds ‏@ashediamonds123
「くちびるに歌を」を観てきた。撮影監督が頑張ってる。五島列島の風景の美しさ、構図の巧さなど光ってる。ナズナやサトルのエピソードもいい。特にサトルには泣かされた。それに引き換え新垣の主人公はいまいち。「手紙」という曲も少しアレだし。先生としては「幕が上がる」の黒木に完敗だろうなあ。

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「きっと星のせいじゃない」を観てきた。難病モノなわけだが、アメリカのがん患者って表面的にはあんなに明るく振る舞ってることに軽いカルチャーショック。ストーリー的にあの作家の立ち位置がよく分からなかった。彼はストーリー的にどんな役割を持った存在だったのか映画から読みとれなかった。


Ashe Diamonds@ashediamonds123
「6歳のボクが、大人になるまで」を観てきた。これは言いたいことがたくさんありすぎて困る(笑)。ツイッターで言い切れることじゃないので、何か別の媒体で言いたいのだけど、多分、時間がたつと忘れちゃって、まとめる意欲がなくなるだろうな。そんな持久力のないあたくしには、この映画は奇跡的。

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「花とアリス殺人事件」を観てきた。ああ岩井俊二、なんで10年以上も前作に引きずられてきたんだ! アニメは前作の雰囲気を忠実に再現し、すごく小さい出来事なのに抒情あふれる素敵な小品にまとめてくれていた。ロトスコープもこれなら納得だと感じた。つかアニメ映画なのに実写にしか見れない。
Twitterで表示

2015年1月~2月
Ashe Diamonds@ashediamonds123
「幕が上がる」のエンディングについて。もちろん大林の時をかける少女のオマージュなのだが、それがわかるように演出を!エンドのあと、しっかり暗転し、1秒ほど真っ暗なスクリーンを見せること。その後、観客を我に返すよう脇役も一緒に歌い踊る。そして最後はアイドルのアップで暗転になれば完璧w
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「幕が上がる」は主役は黒木華だと思う。というか、彼女が出てきて消えるまでの映画時間が踊る、はじける、動き回る。もちろん黒木だけではそうならなくてモモクロの彼女がいないとそうはならないのだが。いわゆる鬼軍曹的な黒木華を盛り立てるモモクロ。モモクロこそ助演賞にふさわしいと思った。
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
モモクロの「幕が上がる」を観てきた。いい映画だったと思う。アイドルの彼女たちのあれこれを前提としてると思われるシーンがいくつかあったのが気になったが、それを除けば普通の現代の青春映画。しかもきちんとした浅春映画として成り立ってるのが良かった。黒木華はもろにはまり役。超カッコいい!
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
イマジカBSで「ミスター・ノーボディ」を観た。初めて見たが、こんな傑作だったとは。マカロニウエスタンの最後の輝きだったのか。

Ashe Diamonds@ashediamonds123
花とアリス殺人事件を観てきた。花とアリスを観た上で観ると数倍楽しめる。個人的に最高に楽しんだ。笑ったし泣けた。アニメだがふつーのアニメとは考えないのがいいかも。途中から実写観てる気もしたし実写だったらと祈願もしてた。ああそれにしても岩井俊二!何故10年以上も映画を撮らなかった!?

Ashe Diamonds@ashediamonds123
アメリカンスナイパーを観てきた。簡単なコメントできねえ。イーストウッドがアメリカをタイトルに入れたのは初めてだろう。星条旗がでるシーンに注目すべき。イーストウッドの場合、星条旗のシーンには特別な意味がある。この映画では星条旗シーンに二通りの意味を持たせているみたい。ややこしいが。

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「飢餓海峡」鑑賞。午前10時。長尺。だがだれた感じは薄い。三国、左幸子、伴淳三郎が熱演。重厚感がハンパない。中盤、左が上京してからのロケやセットが最高。CGじゃない本物感。罪を隠すために犯す罪が切なく、悲しい。あの時、ああしてたら!そういう感想が出てくる映画はたいてい傑作である。

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「マエストロ!」観た。しょぼいB級かと思ってたら、予想外に感動!西田敏行、嵌まってた。音楽は美しい。

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「恐怖の報酬」(午前10時、やっぱすげえ。エンディングを忘れてた)、「ANNIE」(二日酔いで見たからか、カメラや編集がうるさすぎてダメ)、「エクソダス」(これが英雄ならイスラム国の戦士も英雄だよね)、「ジョーカー・ゲーム」(舐めてるのか。かっこつけるな。最悪映画)。

Ashe Diamonds@ashediamonds123
暮れからで感想ツイートしていない映画のメモ。単に忘れないようにするためだけ。 「ゴーン・ガール」(傑作、女怖い)、「アゲイン」(野球映画、小品ながら割と良し)、「シン・シティ復讐の女神」(前作よりはインパクト薄い)、「Kano~1931」(野球映画、その2、良作。でも長い)。

あと他に、「海月姫」(キャラを立てすぎて空回り)、「テロ、ライブ」(コメントは書かないが、これは圧倒的。ワン・シチュエーションでここまで盛り上げるとは! さすが韓国映画)、「ANNIE アニー」(カメラ動き過ぎではないか?途中から、気持ち悪くなった。いや二日酔いだったから?)、「悼む人」(悼み、そして癒すのプロセスがもう少し説得力があればよかったのだが)。

2014年12月
Ashe Diamonds@ashediamonds123
「ゴーン・ガール」観てきた。長い映画だけど飽きない。つか恐い。結婚しているとよくわかる。「この人の頭の中ではいまどんなことを考えているのか?」途中から観方を変えて、登場人物それぞれがその時々に何を考えているかを想像しながら観るようにしたが、それが正解だったみたい。サスペンス満喫。


「ベイマックス」を観てきた。ジブリっぽい点で美味いところを見事に取り入れ、しっかり消化してる。ディズニー&ピクサーが本気になったら太刀打ちできないのが明らかになったな。

Ashe Diamonds@ashediamonds123
太陽を盗んだ男、録画を見た。やっぱおもしれー!菅原文太、この映画では、ひとつひとつ絵になる姿を見せようとしてるみたいだ。出てくるカット、全部、絵になるぞ。イラスト、コミックに使えるぞ。池上季実子はちとダメだけどな、この時代のわけーむすめ女優はきつい。原田知世先生を除いて。

「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」を観てきた。犬童監督。あまり印象なし。主人公は相葉ナントカというジャニーズ系がどうも気に入らない。一方の溶接をする栄倉奈々はよかった。切ない感じがすごく出ていた。良くも悪くもクリスマス映画として、それなりに楽しめた。

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「チェイス」観てきた。インドの俳優さん有名人なのか?シカゴが舞台のエロ小説を訳してるので街の様子を知識として得ており、ロケを面白く観られた。痛快アクション映画と思いきや後半、妙にシリアスで萎える。後半からの彼はどう見てもミスタービーン。Golden Asiaもっと配給持って来い!
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「寄生獣」観てきた。漫画は前に読んだが映画は事前情報なし。なんだ前後編に分かれてて今回は前編なのか。全体を通してVFXでここまで再現できたよって作り手がドヤ顔してる感じがビンビン伝わってきてヤナ感じ。余貴美子と橋本愛は安定してよかった。後編はネットであらすじと評判読めばいいかな?

2014年11月
Ashe Diamonds@ashediamonds123
フューリーの最後のところ、ドイツ兵が見逃すところ。不満がおおいっぽいけど、あれ、幼いドイツ兵が幼い米兵をみつけてかくれんぼの感覚でみのがしたんじゃないのかな
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「フューリー」観てきた。えぐいシーン連発。独は戦争忌避者を吊すし女子供を戦争に加担、米も捕虜を殺す。戦車戦も文句なし。戦争とはこういうものなのだ。狂気の中、戦友物語もエロっぽし。中盤の街、女性とのあれは余分だったし、終盤もありえなさすぎだが、これほど残酷描写満載なら文句いえまい。

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「インターステラー」を観てきた。平均以上の映画なのは間違いなく、皆、観に行くべき。ノーラン作品にはずれなし。だが前評判で期待を高めすぎたのが失敗。過去作品のオマージュばかり気になる。終盤の兄がキレるところとジェイソン・ボーンとの対決でのカットバックはノーランの独擅場。いい映画。
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「紙の月」を観てきた。宮沢りえ、痩せて頬がこけているが、それが色気を出していい。演技も文句ない。カネはこの映画が示す通りの性格を持っている。なぜ人はカネにあくせくするのか。幸せなり満足はカネによって得られるのか。得られるが、得られた後は堕落が待っているのだ。りえの走る姿が印象的。
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
少し前だが「ニッポン無責任時代」を観てきた。午前10時の映画祭。クレージーキャッツの名曲が次々に途中で切られて、そのたび落胆だったが、ストーリー的には最高。情報がものをいう。そして、その情報を的確に、最高のタイミングで利用する平均も才能のある人間だ。てか、俺、これ前に書いたかも。

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「西遊記」を観てきた。いつもながらにチャウ・シンチーのギャグセンスには首を傾げさせられる。文化なのか彼の独特のセンスなのか?序盤の娘親子の運命とか平然とああ持っていくのがスゴイというか無茶っぽい。ヒロインの運命も。可愛かったのに。悟空の役者のところは笑えた。Gメン75でノケゾル。
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「ヘラクレス」を観てきた。神話の偉業でも見せるのかと思いきや、アレは傭兵としてのヘラクレスの強さをアピールするための宣伝用の話だという設定に笑う。笑いあり、手に汗握るアクションあり、サスペンスありで、よくできてるし楽しめた。チーム中の預言者も笑えたし、弓の女もかっこよかったぞ!
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「ザ・ゲスト」観てきた。様々なレビューで同じ意見が出てるが、謎の男がじわじわと家族の信頼を得て取り入るところは面白かった。60年代の「テオレマ」みたいな展開だったら面白かったのだが、正体が判明してからは普通にドンパチ。ハリウッド映画にしてはしょぼいアクションで終了になるのだった。
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「サボタージュ」観てきた。シュワルツネッガーが職務違反して私憤を晴らす映画w。グロいシーン多し。麻薬グループ摘発の敏腕荒くれチームのボスとしてシュワが暴れるフツーのアクション映画と思いきや妙にミステリー仕立て。だが、ミステリにしてはボロが多すぎ。相手の女性もオバサンすぎで萎える。


Ashe Diamonds@ashediamonds123
「イコライザー」を観てきた。前半と後半の印象がズレた感じが残念。格闘前の脳内計算はシャーロック?少女娼婦に義憤で戦うのはタクシードライバ?ホームセンターの商品を臨機応変に活用して戦うのは男子みんなの夢。ラブソングができるまでのコーラを演じたヘイリーベネットにまた会えたのは嬉しい。

あと「サボタージュ」も観たなあ。シュワルツネッガー。


Ashe Diamonds@ashediamonds123
「小野寺の弟、小野寺の姉」を観た。前情報ゼロ。ずいぶん丁寧な作り。ホッコリという言葉は嫌いだが、単なるホッコリ系と思いきや、姉弟の心理が濃密に伝わって来る。ハマりすぎの片桐はいりと向井理。着地点に至る経路がちと陳腐かな。しかしこの姉弟は結局今後も依存しあって行かざるを得ないのか?
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「ニッポン無責任時代」を午前10時の映画祭で。嘘とハッタリでとんとん拍子の出世の話しなのだが、平均が情報を得るための手段をきちんと考え、的確に収集し、時期を逃さず行動に移してるのがよくわかる。彼女のこともちゃんと責任取ってるし。歌をそれぞれフルに聞きたかったなあ。峰岸徹が出てた。


2014年10月
Ashe Diamonds@ashediamonds123
なんちゃって! ちょっと考えてたら、日本映画でもエグい映画は山ほどあったw
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
日本映画の作り手は、韓国映画の作り手に比べて、人を殴る、人に最悪の気持ちを味わわせる、人を残虐に殺すということについての想像力を育てる材料に不足してるのかもしれない。韓国映画のアクションはそこらへん容赦ない。いいのか、わるいのか。いいことなのだろうけど、映画的には刺激的ではない。
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「泣く男」、アクションで言ったら終盤の女の職場のビルでのしつこいほどの攻防はそれなりに見ごたえがあったが、むしろ中盤の女の住む集合住宅での惨劇のほうが面白かった。ああいうの、日本映画でも実現してておかしくないシーンだったはず。なぜ、ああいう昂奮シーンを日本映画は撮れなかったのか?
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
韓国映画の「泣く男」を観てきた。幼い女子を誤爆で殺してしまったことの贖罪と自分を残して自殺した実母との記憶との関連が希薄、あるいは説明不足なので深みにかける印象(作り手は観て読み取れというだろうけど)。アクション部分はさすが韓国映画。ビッチリがっちり決めてる。エグいところが特に。


Ashe Diamonds@ashediamonds123
「蜩の記」観てきた。正直、日本語不明の部分多しwだが、きちんとした映画で端正だ。所作も居合いも本格的。小泉尭史はこの手の映画のみを生涯撮りつづけるべし。主人公が歴史の編纂を命じられ記録してるのは暗示的。ともあれ10年の命と決まってたらむしろメメントモリ的生活がしやすいかと思った。
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
「ふしぎな岬の物語」を観てきた。吉永小百合で大人のお伽話風に見えるけど違うような変な映画だった。小百合自身、幻覚を見てるし霊感少女も出てくる。前半は非現実的なほど善良の人なのに終盤急に人が変わる。頂き物に限って次々に壊れるのは亡き夫の呪いか?深読みすべき映画なら小百合、恐るべし!


Ashe Diamonds@ashediamonds123
フランキー&アリスを観てきた。主役女優はアカデミー賞を取ってたハル・ベリー。熱演だけどちょっとあざとい感じ。むしろ医師役の人の方が味があった。多重人格の話しって少し飽きられつつあるようなって思ったんだが、この映画2010年米公開とある。なんでこんなに日本公開がおくれたのだろう?


Ashe Diamonds@ashediamonds123
ジャージーボーイズ、イーストウッドの映画にしては毒っぽいところがなかった。星条旗も出てこなかった気がする。普通に、きちんと撮られた上質の伝記映画という印象。あの曲がこの人たちの曲なのかってサプライズは十分にあった。だけど評論家たちが絶賛するようなポイントはあまり感じられなかった。
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
Godzilla遅まきながら観てきた。すげえじゃん。ちゃんとゴジラがゴジラしてたよ。あの咆哮を劇場できちんと大音量で聞かなくちゃ、この映画を観たことにはならないような気がする。ムトウ夫婦はちょっとかわいそうだったな。生殖したいだけだったのにな。しかも子供たち惨殺だし。続編ありか?
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
DVDにしてもテレビ放映にしてもテレビの画面で映画を見るというのがかったるくてできなくなっている。映画館での拘束された状態での鑑賞しかまともに観られなくなっている。
Twitterで表示


Ashe Diamonds@ashediamonds123
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー?ひでえ邦題だが、観てきたぞ!いいか、おめえら、こいつは最高傑作だ!泣けて笑えてジーンとこれる代物だ!すまんかったな、上映が終わる最終週まで見てなかったよ! いいか、みんな見ろよ!特に中学生と高校生の男子! あと、50以上のお父様たち! みてくれ
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
るろうに剣心見てきたぞっっと。伝説最後とかのやつな。ちくしょう、やりやがるw。でもなあ、詰めが甘いのは作り手も知ってるとは思う。あれは?彼は? どうなったんだを見せないと観客はそこにひっかかって先に進めん。まあ、だがそこは細かいところだ。若けえ人は、そんなのどーでもいいから観て。
Twitterで表示


そして昨日は「舞妓はレディ」を観てきた。う~ん、何か残念。曲をもうちょっと絞って、主人公にもっと歌わせればいいのに。あと成長部分を、さらに畳みかけるように重ねて描いてくれたらと。周防監督、奥さんに気を遣いすぎw。奥さんのパート、2曲は不要だったんじゃあるまいか。う~ん、何か残念。
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
おととい午前10時の映画祭で「あなただけ今晩は」を観てきた。良かったあ~。涙が出るほどの幸福感。テレビ、ビデオでは何度か見ていたんだけど、やっぱり映画館だと観る時の力が違うからかな。シャーリー・マクレーンがすごくキュート。あんなキュートな娼婦さんだったら、エッチする気になれない。

Ashe Diamonds@ashediamonds123
Tokyo Tribe観てきた。妙に中毒性がある。カルト映画になるんじゃ?すでに、もう5回くらい観たいなと思ってるしw

Ashe Diamonds@ashediamonds123
LUCY! 嫌いじゃない! 第一、スカーレット・ヨハンソン、かわいいし! 映画自体90分足らずで早く終わるしyo!w
Twitterで表示

Ashe Diamonds@ashediamonds123
LUCY、観てきた!最高!あらさがし好きにはもってこいの獲物!パクリ探し好きにももってこいの獲物!だが嫌いな映画ではない!
Twitterで表示

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

2011年10月~12月に観た映画

「ステイ・フレンズ」

NYを拠点に、有能な人材のヘッドハンティングをしているジェイミーは、LAで活躍する敏腕アート・ディレクターのディランを転職させるため、彼をNYに招待する。会話をするうちに、二人は自分たちの恋愛観が似ていることに気づく。二人ともあまりに多くの恋愛で失敗してきたため、諦めることに慣れ、恋愛そのものを楽しむことができなくなっていたのだ。ジェイミーの説得によってNYへの転職を決めたディラン。NYで暮らすようになった二人は、あっという間に仲の良い友達になった。お互いにまったく恋愛感情を持たない二人。しかしある時ジェイミーがもらした「セックスしたいわ」という一言をきっかけに、二人は、恋愛ナシ、感情ナシ、甘い言葉厳禁を条件にセックス・フレンドになることを決めたのだった。お互いの気持ちイイ部分を言い合い、余計な感情を持ち込まずに純粋にセックスを楽しむ二人。しかし、そんな二人の関係に微妙な変化が……。
[ 2011年10月1日公開 ]

キャスト(役名)
ジャスティン・ティンバーレイク (Dylan)
ミラ・クニス (Jamie)
パトリシア・クラークソン (Lorna)
ジェナ・エルフマン (Annie)
ブライアン・グリーンバーグ (Parker)
リチャード・ジェンキンス (Mr. Harper)
ウディ・ハレルソン (Tommy)
エマ・ストーン (Kayla)
ノーラン・グールド (Sam)
アンディ・サムバーグ (Quincy)
マシ・オカ (Darin Arturo Morena)
ジェイソン・シーゲル
ショーン・ホワイト
ラシダ・ジョーンズ

スタッフ
監督 ウィル・グラック
脚本 キース・メリーマン デヴィッド・A・ニューマン ウィル・グラック
原案 ハーレイ・ペイトン キース・メリーマン デヴィッド・A・ニューマン
製作総指揮 グレン・S・ゲイナー
製作 マーティン・シェイファー リズ・グロッツアー ジェリー・ザッカー ジャネット・ザッカー ウィル・グラック
撮影 マイケル・グレイディ
美術 マーシア・ハインズ
編集 ティア・ノーラン
stay_20120216140333.jpg
[2011/10/4]

*****

「監督失格」

生涯200本以上の映画に出演し、35歳の誕生日前日に亡くなった伝説の女優・林由美香。1996年、映画監督の平野勝之は当時恋愛関係にあった彼女とともに、東京から北海道への自転車旅行に挑戦する(この様子は映画『由美香』で描かれた)。最初の1週間は旅のあまりの過酷さに毎日泣き続けていた由美香だったが、ついに礼文島に到着する。その後、恋人同士の関係は解消したものの、彼女の死の直前まで友人としての関係は続いていた……。
[ 2011年9月3日公開 ]

キャスト(役名)
林由美香
小栗冨美代
カンパニー松尾

スタッフ
監督 平野勝之
企画 甘木モリオ
製作 甘木モリオ
プロデューサー 庵野秀明
音楽 矢野顕子
音楽プロデューサー 北原京子
主題曲/主題歌 矢野顕子
整音 郷右近秀利
編集 李英美
kantoku_20120216140331.jpg
[2011/10/6]

*****

「ハンナ」

雪深いフィンランドで父親のエリックと二人きりで暮らしている16歳の少女・ハンナ。元CIA捜査官の父親から戦闘技術や語学を学んだ彼女は、初めて父親のもとを離れる。それはCIAのマリッサという女性捜査官を殺すためだった。わざとCIAの基地に囚われたハンナは、マリッサを殺し基地を難なく脱出する。父が待っているドイツを目指すハンナ。しかし、実はマリッサは生きていて、ハンナを殺すため、追っ手を差し向けるのだった。
[ 2011年8月27日公開 ]

キャスト(役名)
シアーシャ・ローナン (Hanna)
エリック・バナ (Erik)
ケイト・ブランシェット (Marissa)
トム・ホランダー (Isaacs)
オリヴィア・ウィリアムズ (Rachel)
ジェイソン・フレミング (Sebastian)
ジェシカ・バーデン (Sophie)
ミシェル・ドッカリー (False Marissa)

スタッフ
監督 ジョー・ライト
脚本 セス・ロクヘッド デヴィッド・ファー
原案 セス・ロクヘッド
製作総指揮 バーバラ・A・ホール
製作 マーティ・アデルスタイン スコット・ニーミス レスリー・ホルラン
撮影 アルヴィン・クーフラー
音楽 ケミカル・ブラザーズ
編集 ポール・トシル
hanna_20120216140332.jpg
[2011/10/12]

*****

「阪急電車 片道15分の奇跡」

宝塚~西宮北口間を約15分で走る、えんじ色の車体にレトロな内装の阪急今津線。その電車に、さまざまな“愛”に悩み、やりきれない気持ちを抱えながら、偶然乗り合わせただけの乗客たちがいた。後輩に婚約者を寝取られたOL。カレシのDVに悩む女子大生。息子夫婦との関係がぎくしゃくしている老婦人。セレブ気取りの奥様たちとの付き合いに疲弊する平凡な主婦。おしゃれな大学になかなか馴染めない地方出身の男女。年上の会社員と付き合いながら、憧れの大学を諦めきれない女子高生。電車内という限られた空間で、それぞれの人生がほんのちょっと重なり合い、影響し合い、そして離れていく…。(作品資料より)
[ 2011年4月29日公開 ]

キャスト(役名)
中谷美紀 (翔子)
戸田恵梨香 (ミサ)
南果歩 (康江)
谷村美月 (美帆)
有村架純 (悦子)
芦田愛菜 (亜美)
小柳友 (カツヤ)
勝地涼 (圭一)
玉山鉄二 (竜太)
宮本信子 (時江)
相武紗季 (マユミ)
鈴木亮平 (新郎)
森田涼花
高橋努
安めぐみ
高須瑠香

スタッフ
監督 三宅喜重
脚本 岡田惠和
原作 有川浩
製作 福井澄郎 松下康 見城徹 角和夫 桐畑敏春 中村仁 越智常雄
プロデューサー 重松圭一 沖貴子 田村勇気
撮影 池田英孝
美術 松本知恵
装飾 藤田徹
音楽 吉俣良
主題曲/主題歌 aiko
録音 郡弘道
照明 原田洋明
編集 普嶋信一
衣裳デザイン 会田昌子
ヘアメイク 清水惇子
ライン・プロデューサー 岩本勤
スクリプター/記録 木村晃子
hankyu_20120216140332.jpg
[2011/10/17]

*****

「人生、ここにあり!」

1983年のイタリア、ミラノ。新しく制定されたパザリア法により精神病院が閉鎖され、行き場を失った元患者たちは、病院付属の「協同組合180」に集められ、慈善事業という名目の単純作業をしながら無気力な日々を送っていた。一方、労働組合員のネッロは熱心すぎる活動がたたり、「協同組合180」への異動を命じられる。ネッロはさっそく元患者たちに仕事をする事の素晴らしさを伝えるべく、「床貼り」の作業を提案するのだが…。
[ 2011年7月23日公開 ]

キャスト(役名)
クラウディオ・ビジオ (Nello)
アニタ・カプリオーリ (Sara)
ジュゼッペ・バッティストン (Dottor Federico Furlan)
アンドレア・ボスカ (Gigio)
ジョヴァンニ・カルカーニョ (Luca)
ミケーレ・デ・ヴィルジリオ (Niki)
カルロ・ジュセツペ・ガバルディーニ (Goffredo)
ジョルジュ・コランジューリ (Dottor Del Vecchio)

スタッフ
監督 ジュリオ・マンフレドニア
脚本 ジュリオ・マンフレドニア ファビオ・ボニファッチ
原案 ファビオ・ボニファッチ
製作 アンジェロ・リッツォーリ
撮影 ロベルト・フォルザ
美術 マルコ・ベッルツィ
音楽 ピヴィオ アルド・デ・スカルツィ
録音 ブルーノ・プッパロ
編集 チェチリア・ザヌーゾ
衣裳デザイン マウリッツオ・ミッレノッティ
jinsei_20120216140332.jpg
[2011/10/26]

*****

「モテキ」

藤本幸世(31歳)。金なし夢なし彼女なし。派遣社員を卒業し、ニュースサイトのライター職として新しい生活を踏み出そうとしているが、結局のところ新しい出会いも無いまま。だが、ある日突然、「モテキ」が訪れた!みゆき、るみ子、愛、素子。まったくタイプの異なる4人の美女の間で揺れ動く幸世。「こんなのはじめてだ…今まで出会った女の子と全然違う…冷静になれっ!…期待しちゃダメだぁ…」モテキの波を超えて、幸世は本当の恋愛にたどり着けるのか?
[ 2011年9月23日公開 ]

キャスト(役名)
森山未來 (藤本幸世)
長澤まさみ (松尾美由紀)
麻生久美子 (枡本留未子)
仲里依紗 (愛)
真木よう子 (唐木素子)
新井浩文 (島田雄一)
金子ノブアキ (山下ダイスケ)
リリー・フランキー (墨田卓也)
ピエール瀧

スタッフ
監督 大根仁
脚本 大根仁
原作 久保ミツロウ
エグゼクティブプロデューサー 山内章弘 塚田泰浩 中尾哲郎
企画 川村元気
製作 井澤昌平 市川南
プロデューサー 鈴木一巳 岡部紳二 露木友規枝 市山竜次
撮影 宮本亘
美術 佐々木尚
音楽 岩崎太整
録音 下元徹
照明 冨川英伸
編集 石田雄介
衣裳/スタイリスト 伊賀大介
キャスティング おおずさわこ
ライン・プロデューサー 杉原奈実
助監督 神徳幸治
スクリプター/記録 中田秀子
moteki_20120216140332.jpg
[2011/11/4]

*****

「インモータルズ -神々の戦い-」

遥か昔、ゼウス率いるオリンポスの神々は、邪悪な神々・タイタン族をタルタロス山の地底に閉じ込めた。そして時は過ぎ、地上は人間たちの国となった…。ある時、イラクリオン国王のハイペリオンが、地上を支配するため、タイタン族を解放する神の武器・エピロスの弓を探し始める。巫女・パイドラは、ゼウスが人類を守る救世主と見定めた人間・テセウスと出会い、彼の運命を見抜いた。そしてテセウスは、ハイペリオンとの戦いに挑むことに…。
[ 2011年11月11日公開 ]

キャスト(役名)
ヘンリー・カヴィル (Theseus)
フリーダ・ピント (Phaedra)
ミッキー・ローク (King Hyperion)
ルーク・エヴァンズ (Zeus)
ケラン・ラッツ (Poseidon)
イザベル・ルーカス (Athena)
スティーブン・ドーフ (Stavros)
ロバート・メイレット (Minotaur)
コリー・セヴィア (Apollo)
スティーブン・マックハッティ (Cassander)
グレッグ・ブリック (Nycomedes)
ジョン・ハート (Old Zeus)
ピーター・ステッビングス (Helios)
ジョセフ・モーガン (Lysander)
スティーヴ・バイヤーズ (Heracles)
アラン・ヴァン・スプラング (Dareios)

スタッフ
監督 ターセム・シン
脚本 ジェイソン・ケラー クリスチャン・ガデガスト チャーリー・パーラパニデス ヴラス・パーラパニデス
製作総指揮 タッカー・トゥーリー ジェフ・ワックスマン トミー・タートル
製作 ジャンニ・ヌナリ マーク・カントン ライアン・カヴァナー
撮影 ブレンダン・ガルビン
音楽 トレヴァー・モリス
編集 ワイアット・ジョーンズ スチュアート・レヴィ
衣裳デザイン 石岡瑛子
001.jpg
[2011/11/14]

2012年8月~9月に観た映画

「コクリコ坂から」
翌年に東京オリンピックを控えた、1963年の横浜。古いものを壊し、どんどん新しいものを作っていこうとする気運のなかで、横浜のとある高校でも老朽化した文化部部室の建物「カルチェラタン」の取り壊し計画が持ち上がる。そんな騒動の中、学生たちを率い、部室棟を守ろうとする少年・俊と、高校に通いながら下宿宿を切り盛りする働き者の少女・海が出会う。二人は順調に距離を縮めていくが、ある日を境に、急に俊がよそよそしくなって…?
[ 2011年7月16日公開 ]

キャスト(役名)
長澤まさみ (松崎海)
岡田准一 (風間俊)
竹下景子 (松崎花)
石田ゆり子 (北見北斗)
風吹ジュン (松崎良子)
内藤剛志 (小野寺善雄)
風間俊介 (水沼史郎)
大森南朋 (風間)
香川照之 (徳丸社長)
柊瑠美 (広小路幸子)

スタッフ
監督 宮崎吾朗
脚本 宮崎駿 丹羽圭子
原作 高橋千鶴 佐山哲郎
企画 宮崎駿
プロデューサー 鈴木敏夫
制作 星野康二
キャラクター・デザイン 近藤勝也
撮影 奥井敦
音楽 武部聡志
主題曲/主題歌 手嶌葵
歌 坂本九
音響監督 木村絵理子
音響効果 笠松広司

1008792_01.jpg
[2011/8/8]

*****

「ミスター・ノーバディ」

2092年、化学の進歩で人間は永遠の命を持つようになっている。そんな中、118歳のニモは唯一の命に限りある人間だった。誰も彼の過去を知る者はいない。彼は“ミスター・ノーバディ”なのだ。病院のベッドで死を目前にしたニモの脳裏に、さまざまな人生の局面、岐路、選択が次々にフラッシュバックする。かつて9歳の少年だったニモの人生は、母親について行くか父の元に残るかの選択によって決まったのだった。
[ 2011年4月30日公開 ]

キャスト(役名)
ジャレッド・レト (Nemo)
サラ・ポーリー (Elise)
ダイアン・クルーガー (Anna)
リン・ダン・ファン (Jean)
リス・エヴァンス (Nemo's Father)
ナターシャ・リトル (Nemo's Mother)
トビー・レグボ (Nemo age 15)
ジュノー・テンプル (Anna age 15)
クレア・ストーン (Elise age 15)
トマ・バーン (Nemo age 9)
オードリー・ジャコミニ (Jean age 15)
ローラ・ブリュマーニュ (Anna age 9)
アラン・コーデュナー (Dr. Feldheim)
ダニエル・メイズ (Young journalist)
マイケル・ライリー (Harry)
ハロルド・マニング (TV host)
エミリー・ティルソン (Eve)
ロリヌ・スケハン (Joyce)
アンダース・モリス (Noah)
パスカル・デュケンヌ (Henry)
ノア・デ・コンスタンツォ (Nemo age 5)
キアラ・カゼッリ (Clara)

スタッフ
監督 ジャコ・ヴァン・ドルマル
脚本 ジャコ・ヴァン・ドルマル
エグゼクティブプロデューサー ジャン=イヴ・アスラン
製作 フィリップ・ゴドー
共同プロデューサー アルフレート・ヒュルマー マルコ・メーリッツ クリスチャン・ラルーシュ ジャコ・ヴァン・ドルマル
撮影 クリストフ・ボーカルヌ
美術 シルヴィー・オリヴェ
録音 ドミニク・ヴァルニエ ジェイン・タターソール フレデリック・デモルダー ルー・ソラコフスキ エマニュエル・ドゥ・ボワッシウ
編集 マティアス・ヴェレス スーザン・シプトン
衣裳/スタイリスト ウラー・ゴス
メイク カージェ・ヴァン・ダム
キャスティング トビー・ホエイル フィオナ・ワイアー ジョアンナ・コルバート
アソシエイト・プロデューサー ナタリー・ガスタルド ダニエル・マルケ
アシスタントプロデューサー マーク・ギル
助監督 ルノー・アルカルド
スチール シャンタル・トミヌ・デスマズレス
SFX/VFXスーパーバイザー ルイ・モラン

1008876_01.jpg
[2011/8/17]

*****

「探偵はBARにいる」

“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。相棒兼運転手の高田と組んで厄介事を片付けるのが生業。ある晩、いつものバーで寛いでいると、コンドウキョウコと名乗る女が電話で依頼を告げる。ところが、その依頼のせいで“俺”は怪しい男たちに拉致され、人里離れた雪原で生き埋めにされてしまう。命からがら脱出した“俺”は事の真相を探り始める。そんな矢先、高級クラブ「コンチェルト」の美人ママ、沙織に出会う…。
[ 2011年9月10日公開 ]

キャスト(役名)
大泉洋 (探偵)
松田龍平 (高田)
小雪 (沙織)
西田敏行 (霧島)
マギー
榊英雄
本宮泰風
安藤玉恵
新谷真弓
街田しおん
野村周平
カルメン・マキ
中村育二
阿知波悟美
田口トモロヲ
浪岡一喜
有薗芳記
竹下景子
石橋蓮司
松重豊
高嶋政伸

スタッフ
監督 橋本一
脚本 古沢良太 須藤泰司
原作 東直己
音楽 池頼広

bar.jpg
[2011/9/27]

*****

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

2011年8月12日、海沿いにある世界各地の大都市付近に流星群が降り注いだ。やがて海の中から何者かが現れ、人類に攻撃を開始する。そのころロサンゼルスのサンタモニカ空港の前線基地に、若い少尉・マルチネス率いる小隊が到着。除隊間近のナンツ2等軍曹も配属された小隊は、取り残された民間人救出の命を受ける。タイムリミットは3時間。その後は空爆が行われるのだ。破壊された市街地で、彼らは未知の敵に遭遇する。
[ 2011年9月17日公開 ]

キャスト(役名)
アーロン・エッカート (マイケル・ナンツ曹長)
ブリジット・モイナハン (ミッシェル)
ミシェル・ロドリゲス (エレナ・サントス曹長)
マイケル・ペーニャ (ジョー・リンコン)
ニーヨ (ケビン・ハリス伍長)
ラモン・ロドリゲス (ウィリアム・マルティネス少尉)
ウィル・ロッタール
コリー・ハードリクト

スタッフ
監督 ジョナサン・リーベスマン
脚本 クリストファー・バートリーニ
製作総指揮 デヴィッド・グリーンブラット
製作 ジェフリー・チャーノフ ニール・モリッツ オリ・マーマー
撮影 ルーカス・エトリン
プロダクション・デザイン ピーター・ウェンハム
美術 アンドルー・ネスコロムニー
音楽 ブライアン・タイラー
編集 クリスチャン・ワグナー
衣裳/スタイリスト サーニャ・ミルコヴィック・ヘイズ
キャスティング デブラ・ゼイン

sekaisinnryaku.jpg
[2011/9/28]

2011年4月~7月に観た映画

「奇跡」
小学生の兄弟、航一と龍之介は、両親の離婚で、鹿児島と福岡で暮していた。新しい環境にすぐに溶け込んだ弟・龍之介と違い、鹿児島に移り住んだ兄・航一は、現実を受け入れられず、憤る気持ちを持て余していた。ある日、航一は、新しく開通する九州新幹線、「つばめ」と「さくら」の一番列車がすれ違う瞬間を見ると奇跡が起こるという噂を聞く。もう一度、家族で暮したい航一は、弟と友達を誘い“奇跡”を起こす計画を立てる。
[ 2011年6月11日公開 ]

キャスト(役名)
前田航基 (大迫航一)
前田旺志郎 (木南龍之介)
大塚寧々 (大迫のぞみ)
オダギリジョー (木南健次)
夏川結衣 (有吉恭子)
阿部寛 (坂上守)
長澤まさみ (三村幸知)
原田芳雄 (山本亘)
樹木希林 (大迫秀子)
橋爪功 (大迫周吉)
磯邊蓮登 (磯邊蓮登)
林凌雅 (福元佑)
永吉星之介 (太田真)
内田伽羅 (有吉恵美)
橋本環奈 (早見かんな)

スタッフ
監督 是枝裕和
脚本 是枝裕和
音楽 くるり
編集 是枝裕和
kiseki.jpg
[2011/6/23 鑑賞]


「プリンセス トヨトミ」
国家予算が正しく使われているかを調べる会計検査院の調査官3人が、東京から大阪にやってきた。大阪府庁など、実地調査を順調に進めていく彼ら。しかし容赦ない調査でチームリーダー・松平は、財団法人OJO(大阪城址整備機構)に奇妙な違和感を覚える。質問をぶつけても、のらりくらりと説明をかわす職員に、不信感は増すばかり。さらに調査を進める内、松平は400年もの間、大阪が守ってきた“秘密”を知ってしまう…。
[ 2011年5月28日公開 ]

キャスト(役名)
堤真一 (松平元)
綾瀬はるか (鳥居忠子)
岡田将生 (旭ゲーンズブール)
沢木ルカ (橋場茶子)
森永悠希 (真田大輔)
和久井映見 (真田竹子)
中井貴一 (真田幸一)

スタッフ
監督 鈴木雅之
原作 万城目学
主題曲/主題歌 ケルティック・ウーマン

princesstoyotomi.jpg
[2011/7/9鑑賞]


「スカイライン -征服-」
ロサンゼルスに住む親友の元を訪ねていたジャロッドとエレインは、早朝、最上階の部屋のブラインドから差しこむ青白い光と不気味な音で目を覚ました。そして、その光を見に来た友人のひとりが光の中に姿を消してしまう。さらに窓の外ではたくさんの巨大な飛行物体が空を埋め尽くし、人間たちを次々と掬いあげていた。そんな信じられない光景を目の当たりにして、彼らは唖然と立ち尽くすしかなかった…。

キャスト(役名)
エリック・バルフォー (Jarrod)
クリスタル・リード (Denise)
スコッティ・トンプソン (Elaine)
ブリタニー・ダニエル (Candice)
ドナルド・アデオサン・フェイソン (Terry)
デイヴィッド・ザヤス (Oliver)
トニー・ブラック (Derek)
J・ポール・ボエマー (Colin)
ジャッキー・マリン (Girl in Pool)
アンドレア・フロレスク
パム・レヴィン (Pregnant Abductee)
ターニャ・ニューボールド (Jen)
ニール・ホプキンス (Ray)

スタッフ
監督 グレッグ・ストラウス
コリン・ストラウス
脚本 リアム・オドネル
ジョシュア・コーデス
製作総指揮 ブライアン・キャバノー=ジョーンズ
ライアン・カヴァナー
ブレット・ラトナー
タッカー・トゥーリー
製作 グレッグ・ストラウス
コリン・ストラウス
クリスチャン・ジェームズ・アンダーソン
ジョシュア・コーデス
撮影監督 マイケル・ワトソン
音楽 マシュー・マージソン
編集 ニコラス・ウェイマン・ハリス
字幕 林完治

skyline.jpg
[2011/7/11鑑賞]


「アンチクライスト」
セックスをしている最中に、幼い息子を亡くした夫婦。深い悲しみと自責の念から精神を病んでいく妻を救おうと、セラピストの夫は催眠療法で妻の怖れている場所を聞きだし、その場所である森の中の山小屋へと向かう。そこは妻が夏の間、論文を仕上げるために過ごしていた場所だった。夫はその場所で心理療法を妻に試みるが、妻の精神状態はさらに悪化していく。激しいセックスを夫に強要する妻。そして夫は、妻の隠された姿を知る。
[ 2011年2月26日公開 ]

キャスト(役名)
シャルロット・ゲンズブール (She)
ウィレム・デフォー (He)
ストルム・アヘシェ・サルストロ (Nic)

スタッフ
監督 ラース・フォン・トリアー
脚本 ラース・フォン・トリアー
製作総指揮 ペーター・ガーデ
ピーター・オルベク・イェンセン
ベティーナ・ブロケンパー
製作 ミタ・ルイーズ・フォルデイガー
撮影 アンソニー・トッド=マントル
編集 アナス・レフン
アサ・モスベルグ
antichirist.jpg
[2011/7/20鑑賞]


「大鹿村騒動記」
長野県下伊那郡大鹿村―四方を山に囲まれたこの村では、300年以上にわたって村歌舞伎の伝統が守られている。シカ料理店の主人、風祭善は長年主役を張ってきた。しかし、私生活では女房に逃げられ、ひとり暮らしをしている。公演を5日後に控えたある日、駆け落ちした妻・貴子と幼なじみの治が、ひょっこり村に帰って来た。貴子は認知症を患っているらしく、善の顔を忘れてしまっていた。その夜、成り行きで善は二人を泊めるが…。[ 2011年7月16日公開 ]

キャスト(役名)
原田芳雄 (風祭善)
大楠道代 (風祭貴子)
岸部一徳 (能村治)
佐藤浩市 (越田一平)
松たか子 (織井美江)
瑛太 (柴山寛治)
石橋蓮司 (重田権三)
三國連太郎 (津田義一)
冨浦智嗣 (大地雷音)
小倉一郎 (柴山満)
でんでん (朝川玄一郎)
加藤虎ノ介 (平岡健太)
小野武彦 (山谷一夫)

スタッフ
監督 阪本順治
脚本 阪本順治
荒井晴彦
企画 阪本順治
製作 中沢敏明
山田美千代
堤田泰夫
遠谷信幸
吉羽治
冨木田道臣
プロデューサー 椎井友紀子
共同プロデューサー 厨子健介
秋山奈美
重松圭一
千野毅彦
谷澤伸幸
服部徹
内田康史
古川一博
湊谷恭史
撮影 笠松則通
美術 原田満生
音楽 安川午朗
主題曲/主題歌 忌野清志郎
録音 照井康政
照明 岩下和裕
編集 早野亮
衣裳/スタイリスト 岩崎文男
メイク 豊川京子
助監督 小野寺昭洋
スクリプター/記録 今村治子

oojikamura.jpg

[2011/7/26鑑賞]



2011年1~3月に観た映画

ソーシャル・ネットワーク

マーク・ザッカーバーグは、友人のエドゥアルドにサーバ費用などを提供してもらい、ハーバードの学生だけが使える“ザ・フェイスブック”を作る。ザ・フェイスブックはすぐに多くの会員を獲得し、ハーバード大生以外にも人気を広げていた。しかしマークは、「アイデアを盗用された」と訴えられる。そして、サイトが大きくなり、マークが“ナップスター”の創始者に心酔するようになると、親友のエドゥアルドもマークから離れて行く…。
[ 2011年1月15日公開 ]
キャスト(役名)
ジェシー・アイゼンバーグ (Mark Zuckerberg)
アンドリュー・ガーフィールド (Eduardo Saverin)
ジャスティン・ティンバーレイク (Sean Parker)
アーミー・ハマー (Cameron Winklevoss)
マックス・ミンゲラ (Divya Narendra)
ブレンダ・ソン (Christy)
ルーニー・マーラ (Erica Albright)
ラシダ・ジョーンズ (Marylin Delpy)
ジョセフ・マゼロ (Dustin Moskovitz)
ダグラス・アーバンスキ (Larry Summers)
ダコタ・ジョンソン (Amelia Ritter)
トレヴァー・ライト (B.U. Guy in Bra)

スタッフ
監督 デヴィッド・フィンチャー
脚本 アーロン・ソーキン
原作 ベン・メズリック
製作総指揮 ケヴィン・スペイシー
アーロン・ソーキン
製作 スコット・ルーディン
マイケル・デ・ルカ
シーアン・チャフィン
デイナ・ブルネッティ
撮影監督 ジェフ・クローネンウェス
美術監督 ドナルド・グラハム・バード
音楽 トレント・レズナー
アッティカス・ロス
編集 カーク・バクスター
アンガス・ウォール
字幕 松浦美奈

ソーシャル
2011/1/28鑑賞


最後の忠臣蔵

吉良上野介邸討ち入りの後に、大石内蔵助から「討ち入りの真実を赤穂の遺族たちに伝え、彼らの生活を助けよ」という命を受けた寺坂吉右衛門。16年後、彼は最後の遺族を訪ね、すべての使命を果たし終えた。その後京都を訪れた寺坂は、討ち入りの前日に逃亡した瀬尾孫左衛門の姿を見かける。実は瀬尾も大石から密命を与えられていたのだった。その密命とは、大石内蔵助と側女の間にできた子どもを、保護して育てよと言うものだった。
[ 2010年12月18日公開 ]

キャスト(役名)
役所広司 (瀬尾孫左衛門)
佐藤浩市 (寺坂吉右衛門)
桜庭ななみ (可音)
山本耕史 (茶屋修一郎)
風吹ジュン (茅野きわ)
田中邦衛 (奥野将監)
伊武雅刀 (進藤長保)
ヨシ笈田 (茶屋四郎次郎)
安田成美 (ゆう)
荒木悠司 (松明)
福本清三 (吉良上野介)
北村沙羅 (可音(幼少))

スタッフ
監督 杉田成道
脚本 田中陽造
原作 池宮彰一郎
製作総指揮 ウイリアム・アイアトン
企画 鍋島壽夫
製作 小岩井宏悦 服部洋 椎名保 酒井彰 名越康晃 井上伸一郎 喜多埜裕明 川崎代治 大橋善光
プロデューサー 野村敏哉 岡田渉 宮川朋之
撮影監督 長沼六男
美術監督 西岡善信
美術 原田哲男
装飾 中込秀志
音楽 加古隆
録音 中路豊隆
整音 瀬川徹夫
音響効果 柴崎憲治
照明 宮西孝明
編集 長田千鶴子
衣裳デザイン 黒澤和子
監督補 小笠原佳文
スクリプター/記録 中田秀子
殺陣/擬斗 宇仁貫三
特別出演 片岡仁左衛門
その他 角川歴彦 成田豊

忠臣蔵

2011/2/1鑑賞


ゴッドファーザーPARTII

ゴッドファーザー、ビトー・コルレオーネの縄張りを継いだ三男のマイケルが次々に宿敵を倒し、ファミリーを形成していくまでの過程を、若き日のビトーの足跡を挿入しながら描く。

キャスト(役名)
アル・パチーノ (Michael)
ロバート・デュヴァル (Tom Hagen)
ダイアン・キートン (Kay)
ロバート・デ・ニーロ (Vito Corleone)
ジョン・カザール (Fredo Corleone)
タリア・シャイア (Connie Corleone)
リー・ストラスバーグ (Hyman Roth)
マイケル・ヴィンセント・ガッツォー (Frankie Pentangeli)
G・D・スプラドリン (Senetor Pat Geary)
リチャード・ブライト (Al Neri)

スタッフ
監督 フランシス・フォード・コッポラ
脚本 フランシス・フォード・コッポラ
マリオ・プーゾ
原作 マリオ・プーゾ
製作 フランシス・フォード・コッポラ
撮影 ゴードン・ウィリス
音楽 ニーノ・ロータ
編集 ピーター・ツィンナー バリー・マルキン リチャード・マークス
衣裳デザイン セオドア・ヴァン・ランクル
指揮 カーマイン・コッポラ

godfather_20120201130835.jpg

午前10時の映画祭
2011/2/8鑑賞


ウォール・ストリート

2008年のニューヨーク。投資銀行に勤めるジェイコブは順風満帆の人生を送っていた。結婚を前提に付き合っている女性ウィニーとの交際も順調だった。ところが、勤める投資銀行が急激な業績悪化により株価が暴落、突然破綻し、ジェイコブ自身も資産を失ってしまう。それが、金融業界の黒幕ブレトンの陰謀だと知ったジェイコブは、刑務所を出た元大物投資家のゲッコーに接近する。そのゲッコーは、ウィニーの実の父親でもあった。
[ 2011年2月4日公開 ]

キャスト
マイケル・ダグラス (Gordon Gekko)
シャイア・ラブーフ (Jake Moore)
ジョシュ・ブローリン (Bretton James)
キャリー・マリガン (Winnie Gekko)
イーライ・ウォラック (Jules Steinhardt)
スーザン・サランドン (Jake's Mother)
フランク・ランジェラ (Louis Zabel)
ヴァネッサ・フェルリト (Audrey)
チャーリー・シーン (Bud Fox)

スタッフ
監督 オリヴァー・ストーン
脚本 アラン・ローブ
スティーヴン・シフ
製作総指揮 セリア・コスタス アレックス・ヤング アレッサンドロ・キャモン
製作 エドワード・R・プレスマン エリック・コペロフ
キャラクター創造・原案 スタンリー・ワイザー オリヴァー・ストーン
撮影 ロドリゴ・プリエト
音楽 スチュワート・コープランド
編集 デイヴィッド・ブレナー ジュリー・モンロー

ウオール

2011/2/14鑑賞


ジーン・ワルツ

帝華大学医学部産婦人科の助教、曾根崎理恵。彼女は大学病院で教鞭をとる傍ら、産科医院・マリアクリニックの院長代理も務めていた。体外受精や代理母出産の必要性を説く理恵は、大学からは要注意人物扱いされている。准教授の清川は、そんな理恵に惹かれつつも、彼女の言動を危惧していた。そんな中、マリアクリニックでの仕事に専念するため理恵が大学病院を去る。クリニックには、様々な事情を抱えた4人の妊婦が通院していた…。
[ 2011年2月5日公開 ]

キャスト(役名)
菅野美穂 (曾根崎理恵)
田辺誠一 (清川吾郎)
大森南朋
南果歩
白石美帆
桐谷美玲 (青井ユミ)
須賀貴匡
濱田マリ
大杉漣
西村雅彦
片瀬那奈
風吹ジュン
浅丘ルリ子

スタッフ
監督 大谷健太郎
脚本 林民夫
原作 海堂尊
製作 松橋真三 藤田大輔 平野宏治
撮影 青木正
美術 太田喜久男
装飾 桜井啓介
音楽 上田禎 安井輝
主題曲/主題歌 小田和正
録音 藤丸和徳
照明 平野勝利
編集 上野聡一
衣裳/スタイリスト 村上利香
助監督 村上秀具
特殊メイク 飯田文江

じーん

2011/3/4鑑賞

2010年12月に観た映画

キス&キル

両親とのバカンス中に素敵な男性・スペンサーと出会い、恋に落ちたジェン。過保護な父親になんとか結婚を認めさせ、ジェンの実家近くで結婚生活を始めた。結婚三年目のある日、スペンサーの友人が彼を殺そうと襲いかかって来た! なんと、スペンサーは元スパイで、結婚を機に組織を抜けたことで、今になって命を狙われ始めたというのだ。ジェンは戸惑いながらも、スペンサーと一緒に次々に襲いかかってくる隣人たちと戦うことに…。
[ 2010年12月3日公開 ]
監督 ロバート・ルケティック
出演 アシュトン・カッチャー (Spencer Aimes)
キャサリン・ハイグル (Jen Kornfeldt)
トム・セレック (Mr. Kornfeldt)
キャサリン・オハラ (Mrs. Kornfeldt)
キャサリン・ウィニック (Vivian)
ジャンル ドラマ
製作年 2010年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ
上映時間 101分
・コメディ映画なのだろうけど、後半になるにつれて夫婦のサバイバル映画になり、コメディ色が薄れていく。そこが狙いなのか? ちょっとツカミ損ねた。
kisuandokiru.jpg
★★★
2010/12/3


GAMER ゲーマー
西暦2034年、世界中の人々はある“ゲーム”に熱狂していた。天才クリエイター、キャッスルが開発したオンライン・ゲーム“スレイヤー”では、脳細胞手術を受けた生身の人間がプレイヤーに遠隔操作され、激しい戦闘を繰り広げていた。無実の罪で投獄され、スレイヤーの戦士となったケーブルは、「30回勝ち抜けば釈放」という条件にあと1回と迫り、世界中の注目を集めていた。だが、ケーブルは愛する妻と娘に再会するため、“ゲーム”の世界から自力で抜け出そうとする。
[ 2010年12月3日公開 ]
監督 マーク・ネヴェルダイン
ブライアン・テイラー
出演 ジェラルド・バトラー (Kable / John Tillman)
マイケル・C・ホール (Ken Castle)
アンバー・ヴァレッタ (Angie)
ローガン・ラーマン (Simon Silverton)
テリー・クルーズ (Hackman)
ジャンル アクション
製作年 2009年
製作国 アメリカ
配給 ショウゲート
上映時間 95分
・設定が面白い。それなりに楽しんだ。性別を偽ってのネット上の存在など人間の考えることはやはり同じだ。それをアバターなどではなくリアルの人間でするのは階級社会のなれの果てか(笑)
gamer.jpg
★★★
2010/12/6


武士の家計簿
会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目・直之は、家業のそろばんの腕を磨き、才能を買われて出世する。江戸時代後期、加賀藩も例にもれず財政状況は逼迫していた。加えて武家社会では出世するにつれ出費も増え続けるという構造的な問題があった。猪山家の家計が窮地にあることを知った直之は、家財道具を処分し借金の返済にあてることを決断、家族全員で倹約生活を行うことにする。
[ 2010年12月4日公開 ]
監督 森田芳光
出演 堺雅人 (猪山直之)
仲間由紀恵 (猪山駒)
松坂慶子 (猪山常)
草笛光子 (おばばさま)
西村雅彦 (西永与三八)
ジャンル 任侠/時代劇
製作年 2010年
製作国 日本
配給 アスミック・エース、松竹
上映時間 129分
・時代劇とはいえ、家族物のジャンルと言える。映画でなくむしろNHKの朝ドラなどでしたほうがあっていたかもしれない。
・森田芳光は駄作も出すのだがときどきどっしりと落ち着いた良い映画も作るのが変だ(笑)
kakeibo.jpg
★★★★
2010/12/13

たぶん、今年はもう劇場では見られなさそう。結局、12月は3本だけ。そろそろ熱が冷めたか?

2010年11月に観た映画

フォロー・ミー

英国の上流階級に属し地位も財産も申し分ない1流会計士チャールズには深刻な悩みが1つあった。それは新妻ベリンダが、この頃、浮気しているのではないか、という疑いにつきまとわれていたからだ。チャールズは私立探偵のクリストフォルーに妻の調査を依頼し、結婚のいきさつを語った。ベリンダが小さなレストランで、料理の名前さえよく覚えていない新米のウエイトレスをしていたこと、そしてそのあどけなさに惹かれて結婚を申し込んだこと。だがカリフォルニアでヒッピーの群れに身を投じたこともある自由人のベリンダにしてみれば、結婚後の彼の仕事一辺倒の生活には息のつまる毎日だった。
[ 公開日未定 ]
監督 キャロル・リード
出演 ミア・ファロー (Belinda)
トポル (Cristofornu)
マイケル・ジェイストン (Charles)
マーガレット・ローリングス (Mrs._Sidley)
アネット・クロスビー (Miss_Fremer)
ジャンル ドラマ
製作年 1972年
製作国 アメリカ
配給 -
followme.jpg
・午前10時の映画祭
・まず、音楽に泣かされる。
・初めて観た時は中学生だった。当時からそれなりに理解していたのは今から思うと不思議。
・他愛ない小品といった印象だが、絶妙に心が温まる。こういう映画が見られるのはうれしい。
★★★★
2010/11/1


桜田門外の変
安政7年(1860年)、尊王攘夷を唱えた水戸藩藩主・徳川斉昭は、開国派の幕府大老・井伊直弼より永蟄居を命じられていた。事態を憂慮した水戸藩士有志は、脱藩して井伊直弼を討つ盟約を結ぶ。そして安政7年3月3日、関鉄之介ら水戸脱藩士17名と、薩摩藩士1名が実行部隊となり、桜田門前にて井伊直弼を襲撃、首を討ち取った。その後、薩摩藩が京都にて挙兵し、朝廷を幕府軍から守る手はずになっていたため、関らは京都へ向かうが…。
[ 2010年10月16日公開 ]
監督 佐藤純彌
出演 大沢たかお (関鉄之介)
長谷川京子 (関ふさ)
柄本明 (金子孫二郎)
生瀬勝久 (高橋多一郎)
加藤清史郎 (関誠一郎)
ジャンル 任侠/時代劇
製作年 2010年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 137分
sakuradamongai.jpg
・現在の政治状況に重なるように作られているが、作りの古臭さには閉口した。
★★★
2010/11/1

バード★シット
テキサスのヒューストン。完成したばかりの屋内野球場アストロドームの地下に、ブルースターはひっそりと住んでいる。彼は自分の力で空を飛ぶために、翼のついた装置の開発や肉体のトレーニングに余念がない。そんな彼を支えているのが、鳥の化身のような謎の女性ルイーズ。そんな中、謎の連続殺人事件が発生。被害者はすべて“鳥のフン”にまみれていた。腕利きの刑事がサンフランシスコから呼ばれ、ブルースターに目をつける。
[ 2010年7月3日公開 ]
監督 ロバート・アルトマン
出演 バッド・コート (Brewster)
サリー・ケラーマン (Louise)
マイケル・マーフィー (Shaft)
ウィリアム・ウィンダム (Weeks)
シェリー・デュヴァル (Suzanne)
ジャンル コメディ
製作年 1970年
製作国 アメリカ
配給 日本スカイウェイ、アダンソニア
上映時間 105分
・ニュープリント版による再映。40年前に公開されたとき、映画雑誌では読んで知っていたけれど、地元では公開されず、悔しい思いをしたことが思い出される。
・はたして、この映画をいま再公開して誰が見るのだろうかという疑問はぬぐえず。どうして、いま、この映画を? 見られてうれしかったけど。
・M★A★S★Hを観ていれば、そういう作りだろうなと観ていられるが、今の観客たちにそのような文脈は薄くなっているのではないか。
birdshit.jpg
★★★
2010/11/22


鬼火
自己を失い死を決意した男の最期の48時間を描く。63年度ヴェネチア映画祭審査員特別賞、イタリア批評家選定最優秀外国映画賞受賞作品。
監督 ルイ・マル
出演 モーリス・ロネ (Alain)
ベルナール・ノエル (Dubourg)
Jacques Sereys (Cyrille)
アレクサンドラ・スチュワルト (Solange)
ジャンヌ・モロー (Eva)
原題 Le Feu Follet
製作年 1963年
製作国 フランス
配給 フランス映画社
・人間関係も破綻し人生に絶望したアルコール依存症の男が自殺するまでの二日間を描く。こういう切り取り方がヌーベルバーグ的だったのだろうなとは思う。ともあれ劇場で観ることができて良かった。DVDだとたぶん途中で切ってるし、集中力が持たない。
onibi.jpg
★★★
2010/11/24

11月も4本だけ。

2010年10月に観た映画

パリ20区、僕たちのクラス

移民が多く暮らすパリ20区の公立中学校。正しい国語を身につけさせることこそ生徒たちの将来の幸福につながると信念を持つフランス語教師のフランソワだったが、様々な出身国を持つ24人の生徒たちが混じり合う新学期の教室で、思いがけない反発や質問に翻弄されてしまう。去年は素直だったクンバは反抗的な態度で教科書の朗読さえ拒否する始末だ。また、自己紹介文を書かせる課題が大きな波紋を巻き起す。
[ 2010年6月12日公開 ]

監督 ローラン・カンテ
出演 フランソワ・ベゴドー (Francois Marin)
ナシム・アムラブ (Nassim)
ローラ・バケラー (Laura)
シェリフ・ブナイジャ・ラシャディ (Cherif)
ジュリエット・デマーヌ (Juliette)
作品情報 - パリ20区、僕たちのクラス
ジャンル ドラマ
製作年 2008年
製作国 フランス
配給 東京テアトル
paris20.jpg
・2時間ずっとフランスの教育現場にいるような臨場感。学校教育についての普遍的な部分と、その国・文化に特有な部分とを知ることができる。
★★★★★
2010/10/20


雷桜
徳川将軍・家斉の十七男に生まれた斉道。母を亡くし親の愛情を知らずに育った彼は、心に病を抱えていた。療養を兼ねて家臣の瀬田助次郎の故郷・瀬田村を訪れた彼は、天狗が住むと言われる瀬田山で、女の天狗と出会う。その正体は、幼い頃に誘拐され、山奥で育てられていた瀬田助次郎の妹・遊だった。世間を知らず奔放な遊に、斉道は惹かれていく。雷に打たれた銀杏の上から銀杏が芽を出した巨木・雷桜の前で、二人は恋に落ちる…。
[ 2010年10月22日公開 ]

監督 廣木隆一
出演 岡田将生 (斉道)
蒼井優 (雷)
小出恵介 (瀬田助次郎)
柄本明 (榎戸角之進)
時任三郎 (理右衛門)
ジャンル ラブ・ストーリー
製作年 2010年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 133分
raiou.jpg
★★★
2010/10/22


花と蛇3
イタリア帰りの新進チェリストにして才気溢れる美貌の持ち主である静子は、関西財閥の会長・海東義一郎と結婚。公私共に幸せな生活を送っていた。だがそんな平穏な人生に魔の手が忍び寄る。遠山グループの総裁・遠山隆義だ。己の欲望の為には卑劣な手段も厭わない野心家の遠山は、静子を我が物にしようと画策。静子の夫を破産に追い込み、借金の抵当として静子を自らの妻にする。遠山の正式な妻として屋敷に迎え入れられた静子は、執事の伊沢、お花やお茶等の作法を仕込む折原、メイドの美沙江らと生活を始める。しかしこれは静子を貶める罠の始まりに過ぎなかった。これから静子の調教を目的とした、歪な共同生活が始まるのだった…。
[ 2010年8月28日公開 ]
監督 成田裕介
出演 小向美奈子 (遠山静子)
本宮泰風 (遠山隆義)
小松崎真理 (野島京子)
工藤俊作
斎藤歩
作品情報 - 花と蛇3
ジャンル アダルト
製作年 2010年
製作国 日本
配給 東映ビデオ
hanatohebi3.jpg
・小向が貴婦人に見えないところが痛い。
★★★

10月は3本だけ。この時期から観たい映画がなくなっていく。

2010年9月に観た映画

瞳の奥の秘密
刑事裁判所を退職したベンハミンは、残された時間で25年前に起きた忘れ難い事件をテーマに小説を書くことを決心し、かつての上司で今は判事補のイレーネを訪ねる。それは1974年、銀行員の夫と新婚生活を満喫していた女性が自宅で殺害された事件。当時、渋々担当を引き受けたベンハミンが捜査を始めてまもなく、テラスを修理していた二人の職人が逮捕されるが、それは拷問による嘘の自白によってだった…。
[ 2010年8月14日公開 ]
ジャンル : ドラマ
製作年 : 2009年
製作国 : スペイン=アルゼンチン
配給 : ロングライド
上映時間 : 129分
監督 : ファン・ホセ・カンパネラ
出演 : リカルド・ダリン 、 ソレダ・ビジャミル 、 ギレルモ・フランチェラ 、 パブロ・ラゴ 、 ハビエル・ゴディーノ
瞳の奥の秘密
・落ち着いた大人向けの洋画を見たのは久しぶり
・中盤のスタジアムからの長回しはおおっと思った
★★★★★
2010/9/1

ベスト・キッド
12歳のドレは、母の転勤でデトロイトから中国の北京へと移住することになった。引越し早々、ドレはメイと友だちになるが、地元の少年たちに絡まれてしまう。翌日から少年たちのいじめは続いた。ある日、少年たちに仕返しをしたドレだが、逆に追い詰められて手痛い報復を受けてしまう。そこへ、アパートの管理人のハンが現れ、ドレを救う。成り行きから、武術大会に出ることになったドレは、ハンからカンフーの手ほどきを受ける。
[ 2010年8月14日公開 ]
ジャンル : アクション
製作年 : 2010年
製作国 : アメリカ=中国
配給 : ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間 : 140分
監督 : ハラルド・ズワルト
出演 : ジェイデン・スミス 、 ジャッキー・チェン 、 タラジ・P・ヘンソン 、 ハン・ウェンウェン 、 ワン・ツェンウェイ 、 ユー・ロングァン
ベストキッド
・やっぱりオリジナルの方がいい。
・中国の風景をたんまり見せられる。やっぱ、中国の時代かと圧倒される。
★★★
2010/9/2

スティング
1936年。シカゴに近いジョリエットの下町で道路師と呼ばれる詐欺師3人が通りがかりの男から金を奪った。これがこの物語の事件の発端である。数日後、主謀者のルーサーが死体となって見つかった。仕掛けた男はニューヨークの大親分ロネガンの手下で、賭博の上がりをシカゴに届ける途中、3人組に金を奪われた男だった。大組織に手を出した当然のむくいとしてルーサーは消されたのだが、組織の手は一味の1人フッカー(ロバート・レッドフォード)にものびていた。ルーサーの復讐を誓ってフッカーはシカゴのゴンドルフを訪ねた。だが頼みとするドンドルフは、ギャング同志の争いでFBIから追われ、今では売春宿に幸うじて身を隠している有り様だった。しかし、親友の死を知ったゴンドルフ(ポール・ニューマン)は、相手がロネガン(ロバート・ショウ)と聞き目を輝かせた。<シナリオ> その日から2人は、ロネガンの身辺を洗い、彼がポーカーと競馬に眼がないこと、近くシカゴを訪れることなどを調べ上げるが…。
[ 公開日未定 ]
ジャンル : ドラマ
製作年 : 1973年
製作国 : アメリカ
配給 : -
キャスト・スタッフ - スティング
監督 : ジョージ・ロイ・ヒル
出演 : ポール・ニューマン 、 ロバート・レッドフォード 、 ロバート・ショウ
sting.jpg
・午前十時の映画祭
・言わずと知れたコン・ムービー(だまし映画)の傑作。携帯やパソコンなどの情報機器が進歩した今だと、この手のストーリーは作りにくいかも(あるいはストーリーテラーの才能の問題か)
・若いころのレッドフォードがブラッドピッドに似ていたことを再認識(笑)
★★★★★
2010/9/8


裏窓
ニューヨークのダウン・タウン、グリニッチ・ヴィレッジのあるアパートの一室、雑誌社のカメラマン、ジェフは足をくじいて椅子にかけたまま療養中なので、つれづれなるままに窓から中庭の向こうのアパートの様子を望遠鏡で眺めて退屈をしのいでいた。胸が自慢の女がブラジャーをなくした。男が欲しくてたまらぬ女が男を連れこんだがどう切り出していいか分からない。新婚の男女の濃厚なラブ・シーン。ピアノに向かって苦吟している作曲家。犬を飼っている夫婦者など。そのうちにジェフの興味を惹くことが起きた。

キャスト・スタッフ - 裏窓
監督 アルフレッド・ヒッチコック
出演 ジェームズ・スチュアート (Jeff)
グレイス・ケリー (Lisa_Fremont)
ウェンデル・コーリー (Thomas_J.Doyle)
セルマ・リッター (Stella)
レイモンド・バー (Lars_Thorwald)

ジャンル スリラー/サスペンス
製作年 1954年
製作国 アメリカ
uramado.jpg
・午前10時の映画祭にて
★★★★
2010/9/19


「君に届け」
長い黒髪のせいで“貞子”とあだ名される黒沼爽子。他人の嫌がる掃除なども積極的にこなす爽子だが、見た目のせいで気味悪がられ、なかなか友だちができない。7月、クラスの人気者の風早翔太の提案で、肝試しに行くことに。そこでお化け役を買って出た爽子は、吉田千鶴と矢野あかねというクラスメイトと仲良くなる。そして、爽子が掃除する姿などをいつも見守っていた風早も、爽子を気遣って色々と話しかけてくれるようになる。
[ 2010年9月25日公開 ]
監督 熊澤尚人
出演 多部未華子 (黒沼爽子)
三浦春馬 (風早翔太)
蓮佛美沙子 (吉田千鶴)
桐谷美玲 (胡桃沢梅)
夏菜 (矢野あかね)
ジャンル ドラマ
製作年 2010年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 128分
kiminitodoke.jpg
・熊澤尚人監督というと心に残る佳作の「虹の女神」が忘れられない。だが、あれはプロデューサであった岩井俊二の力でできた映画だったのかもしれれない。
・日本の青春映画は大好きなジャンルの映画なのだが、今回は素直に世界に入れなかった。すでにそのように世界に入り込む能力が衰えてしまったということか。なにがしかのノスタルジー要素がないと入り込めなくなってしまったのか。
★★★
2010/9/27


TSUNAMI ーツナミー
遠洋漁船に乗っていたマンシクは、事故と津波により、幼なじみのヨニの父を死なせてしまう。そのため、ヨニへの想いをなかなか打ち明けられずにいた。マンシクの弟で海洋救助隊員のヒョンシクは、海で溺れていた若い女性ヒミを助ける。一方、地質学者のキムは、日本海で連続して発生している地震から、やがて巨大な津波が韓国の沿岸を襲うことを予告。そして、とうとう“その日”がやってきた。
[ 2010年9月25日公開 ]
キャスト・スタッフ - TSUNAMI-ツナミ-<日本語吹替版>
監督・脚本 ユン・ジェギュン
撮影 キム・ヨンホ
編集 シン・ミンギョン
出演 ソル・ギョング
ハ・ジウォン
パク・ジュンフン
オム・ジョンファ
イ・ミンギ
ジャンル パニック
製作年 2010年
製作国 韓国
配給 CJ Entertainment Japan、パラマウント ピクチャーズ ジャパン
上映時間 107分
tsunami.jpg
・このようなパニック・アクション系の映画の方が、ベタベタの恋愛ドラマよりも韓国の人々の感情の在り方、思考のつなぎ方が見えて、面白かった。
★★★
2010/9/27


「北北西に進路を取れ」
広告代理業者ロジャー・ソーンヒル(ケーリー・グラント)は、ニューヨークのホテルから無理やり2人の男に連れ出された。給仕がキャプランという男を呼びだしていた時、電話に立ち上がったので、間違えられたのだ。海の近くの邸宅で、主人のタウンゼントと称する男(ジェームズ・メイスン)は“仕事”への協力を強いた。断ると、彼を泥酔させ、車のまま海へ突き落とそうとした。危く逃れたが、パトロールカーに酔っぱらい運転で捕まった。翌日の裁判では、彼の母からまで信用されなかった…。
[ 公開日未定 ]
キャスト・スタッフ - 北北西に進路を取れ
監督 アルフレッド・ヒッチコック
出演 ケーリー・グラント (Roger_Thornhill)
エヴァ・マリー・セイント (Eve_Kendall)
ジェームズ・メイソン (Phillip_Vandamm)
ジェシー・ロイス・ランディス (Clara_Thornhill)
レオ・G・キャロル (Professor)
「北北西に進路を取れ」キャスト・スタッフ一覧
作品情報 - 北北西に進路を取れ
ジャンル スリラー/サスペンス
製作年 1959年
製作国 アメリカ
hokuhokuseini.jpg
・午前10時の映画祭にて
・もう何回も見ているが、やはり面白い。本で読んだカメラの構図やシークエンスのつなぎを確かめながら鑑賞した。
★★★★★
2010/9/28

2010年8月に観た映画

「必死剣 鳥刺し」
時は江戸。東北は海坂藩の近習頭取・兼見三佐ェ門には、消そうにも消せない過去があった。物頭をつとめていた三年前、藩主・右京太夫の愛妾・連子を城中で刺し殺したのだった。最愛の妻・睦江を病で喪った三左ェ門にとって、失政の元凶である連子刺殺は死に場所を求めた武士の意地でもあった。が、意外にも寛大な処分が下され、一年の閉門後、再び藩主の傍に仕えることになる。腑に落ちない想いを抱きつつも、身の周りの世話をする亡妻の姪・里尾との日々の中で三左ェ門は再び生きる力を取り戻してゆく。そんなある日、中老・津田民部から思わぬ話を持ちかけられる三左ェ門。それは、彼を天心独名流の剣豪だと知っての相談であり、“鳥刺し”という必勝の技をお上のために役立てろという秘命でもあった。その者の名は直心流の達人であり、藩主家と対立しているご別家の帯屋隼人正だった。そして待ち受ける隼人正との決着の日。三左ェ門は、想像を絶する過酷な運命に翻弄されていく。
[ 2010年7月10日公開 ]
ジャンル : 任侠/時代劇
製作年 : 2010年
製作国 : 日本
配給 : 東映
上映時間 : 114分
監督 : 平山秀幸
原作 : 藤沢周平
出演 : 豊川悦司 、 池脇千鶴 、 吉川晃司 、 戸田菜穂 、 村上淳 、 関めぐみ 、 小日向文世 、 岸部一徳
鳥刺し
★★★★
2010/8/2

「借りぐらしのアリエッティ」
アリエッティはとある郊外の古い屋敷に住んでる小人の女の子。小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを必要なだけ人間の世界から借りて生活する、借りぐらしの種族だ。アリエッティが初めて借りに出たその夜、借りの最中に病気の静養でこの屋敷にやってきた少年・翔に姿を見られてしまう。人間に姿を見られたからには、引っ越さないといけない。掟と好奇心の間でアリエッティの心は大きく揺れるのだった…。
[ 2010年7月17日公開 ]
ジャンル : アニメーション
製作年 : 2010年
製作国 : 日本
配給 : 東宝
監督 : 米林宏昌
原作 : メアリー・ノートン
企画・脚本 : 宮崎駿
声の出演 : 志田未来 、 神木隆之介 、 大竹しのぶ 、 竹下景子 、 三浦友和 、 樹木希林
アリエッティ
★★★
2010/8/13


トイ・ストーリー3 3D<日本語吹替版>
(C)2008 WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED.おもちゃのウッディやバズと楽しく遊んでくれたアンディも、いまや17歳。大学に進学するため、家を出ることになった。だが屋根裏部屋にしまわれるはずだったおもちゃたちが、ちょっとした手違いからゴミ捨て場に出されてしまう。どうにかゴミ袋の中から逃げ出したものの、アンディに捨てられたと誤解したおもちゃたちは大ショック!! 仕方なく、託児施設に寄付される道を選ぶ。だが「また子どもたちに遊んでもらえる!」と喜んだのも束の間、そこにはモンスターのような子どもたちにもみくちゃにされる、地獄の日々が待っていた…!
[ 2010年7月10日公開 ]
ジャンル : アニメーション
製作年 : 2010年
製作国 : アメリカ
配給 : ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
キャスト・スタッフ - トイ・ストーリー3 3D<日本語吹替版>
監督 : リー・アンクリッチ
製作総指揮 : ジョン・ラセター
脚本 : マイケル・アーント
声の出演 : 唐沢寿明 、 所ジョージ 、 日下由美 、 勝部演之
toystory3.jpg
★★★★★
2010/8/21

インセプション
(C)2010 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved人がもっとも無防備になる夢を見ている間に、潜在意識の奥深くに入り込み、貴重な情報を盗む“エクストラクト”。この危険な技術で世界最高の腕を持つ産業スパイのコブは、反対にアイデアの芽を潜在意識に植え付ける“インセプション”の依頼を受ける。このほぼ不可能とされる任務を成功させるため、コブは世界中からメンバーを厳選し、最強のプロフェッショナル集団を結成する。だが彼らがいくら周到に計画を立てようが、どれだけ優れていようが、計画を根底から揺さぶる“敵”の存在を、コブはひそかに感じ取っていた…。
[ 2010年7月23日公開 ]
ジャンル : SF/ファンタジー
製作年 : 2010年
製作国 : アメリカ
配給 : ワーナー・ブラザース映画
キャスト・スタッフ - インセプション
監督・脚本 : クリストファー・ノーラン
出演 : レオナルド・ディカプリオ 、 渡辺謙 、 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット 、 マリオン・コティヤール 、 エレン・ペイジ 、 トム・ハーディ 、 マイケル・ケイン
inception.jpg
★★★★(★)
2010/8/23
・正直、ついて行くのに精いっぱい。こんな複雑なものをよく2時間程度にまとめたなという印象。悪く言えば、詰め込み過ぎ。だから★4つくらいか、と。
・ただ、個人的にハマりそうな、もう一回、確認に観に行きたくなる予感。そういう映画は良い映画と言えるのかもしれないので括弧つきの★


キャタピラー

(C)若松プロダクション
一銭五厘の赤紙1枚で召集される男たち。シゲ子の夫・久蔵も盛大に見送られ、勇ましく戦場へと出征していった。しかしシゲ子の元に帰ってきた久蔵は、顔面が焼けただれ、四肢を失った無残な姿であった。村中から奇異の眼を向けられながらも、多くの勲章を胸に、“生ける軍神”と祀り上げられる久蔵。四肢を失っても衰えることの無い久蔵の旺盛な食欲と性欲に、シゲ子は戸惑いつつも軍神の妻として自らを奮い立たせ、久蔵に尽くしていく。四肢を失い、言葉を失ってもなお、自らを讃えた新聞記事や、勲章を誇りにしている久蔵の姿に、やがてシゲ子は空虚なものを感じ始める。敗戦が色濃くなっていく中、久蔵の脳裏に忘れかけていた戦場での風景が蘇り始め、久蔵の中で何かが崩れ始めていく。そして、久蔵とシゲ子、それぞれに敗戦の日が訪れる……。
[ 2010年8月14日公開 ]
ジャンル : ドラマ
製作年 : 2010年
製作国 : 日本
配給 : 若松プロダクション・スコーレ株式会社
上映時間 : 87分
監督 : 若松孝二
出演 : 寺島しのぶ 、 大西信満 、 吉澤健 、 粕谷佳五 、 増田恵美 、 河原さぶ 、 石川真希 、 飯島大介 、 安部魔凛碧 、 寺田万里子 、 柴やすよ
キャタピラー
2010/8/25
★★★

ちょんまげぷりん

(C)2010 J Storm Inc.
シングルマザーのひろ子は、息子の友也と二人暮らし。ある日、二人は侍の恰好をした木島安兵衛と名乗る男と出会う。安兵衛はどこに帰ればいいのかわからないと言い、しばらくひろ子の家に居候することになる。安兵衛は、居候のお礼として家事を全部引き受けると言い出し、料理や掃除を完璧にこなしてくれた。ある日、病気になった友也のために、安兵衛はプリンを作ってくれた。それをきっかけに、安兵衛はお菓子作りに目覚め…。
[ 2010年7月31日公開 ]
ジャンル : ドラマ
製作年 : 2010年
製作国 : 日本
配給 : ジェイ・ストーム
上映時間 : 108分
監督・脚本 : 中村義洋
原作 : 荒木源
出演 : 錦戸亮 、 ともさかりえ 、 今野浩喜 、 佐藤仁美 、 鈴木福 、 忽那汐里 、 堀部圭亮 、 中村有志 、 井上順
ちょんまげ
2010/8/25
★★★

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
結婚を控えた花婿のために男友達が集まってハメを外すバチェラー・パーティー。2日後の本番を前にしたダグは、親友のフィル、スチュ、そして婚約者の弟のアランとラスベガスへ向かう。高級ホテルのペントハウスを借り、乾杯後に街へ繰り出したはずだが…。翌朝、部屋でひどい二日酔いで目を覚ました友人たち。部屋は荒れ放題、ダグは失踪、そしてなぜかクローゼットに赤ん坊、バスルームにはトラが!?いったい昨夜、何が起きたのか?
[ 2010年7月3日公開 ]
ジャンル : コメディ
製作年 : 2009年
製作国 : アメリカ
配給 : ワーナー・ブラザース映画
上映時間 : 100分
監督 : トッド・フィリップス
出演 : ブラッドリー・クーパー 、 エド・ヘルムズ 、 ザック・ガリフィアナキス 、 ヘザー・グラハム 、 ジャスティン・バーサ 、 ジェフリー・タンバー 、 マイク・エップス 、 マイク・タイソン
ハングオーバー
2010/8/25
★★★★

東京島

(C)2010「東京島」フィルムパートナーズ
夫婦二人の船旅の途中、嵐に遭い無人島に漂着した清子。そこにある日、16人の若いフリーターたちが流れ着く。さらには密航に失敗した6人の中国人たちが加わり、若い男23人と清子の共同生活が始まる。いつまで待っても助けの船は来ず、いつしか島を“東京島”と呼ぶようになる中、清子はただ一人の女性として特別視され、したたかに生き抜いていく。月日は流れ、島に定住しようとする男たちに対し、清子は脱出のための行動を開始するが……。
[ 2010年8月28日公開 ]
ジャンル : ドラマ
製作年 : 2010年
製作国 : 日本
配給 : ギャガ
監督 : 篠崎誠
原作 : 桐野夏生
出演 : 木村多江 、 窪塚洋介 、 福士誠治 、 柄本佑 、 木村了 、 染谷将太 、 山口龍人 、 南好洋 、 結城貴史 、 清水優 、 阿部亮平 、 テイ龍進 、 趙民和 、 鶴見辰吾
東京島
2010/8/28
★★★

フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。