FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悲夢」

映画生活より

ある夜、別れた恋人を追って車を運転していたジンは、追突事故を起こす。しかし、恋人を見失わないよう再び車を走らせたところに酔った男が飛び出してきて―そこで彼は目覚める。落ち着かないジンは、救急車のサイレンに誘われるように車を走らせ…そこで見たのは夢で見た事故の光景だった。道路の監視カメラの映像から警察に拘束されたのはランという女性。夢遊病の彼女は、ジンの夢に呼応するように、現実に行動を起こしていた。



★★★★
・普通では考えられないファンタジーの設定で男女関係の深層を描くキム・ギドクの映画は、見た1時間後からズシリと効いてくる。
・美術系出身だけあって、小道具からセット全体、そして舞台となるソウルの古い町並みに至るまで雰囲気が濃厚。
・韓国人の役者たちが韓国語で話し、オダギリジョーが日本語で話し、普通に話が通じ合っている。最初は面食らう。が、テーマがコミュニケーションであるとするなら、この実験も許されるし、深い意味もありそうだ。日本語と韓国語の両方をまったく知らない人が、一番、良い鑑賞ができるかもしれない。
・夢を題材にした映画の場合、「夢か現実か」を軸にストーリーを組み立てるのが普通だが、本作では夢が別の人間を通して現実化するところがミソ。このアイデアは面白く、ドラマが生まれる。男(オダギリ)にとって嬉しい夢は、ヒロインの女にとっては最悪の現実となる。男は、夢を見ないようにとギリギリに苦しむはめになる。
・だが、夢を見ないようにするためにどうするかというと、ひたすら眠らないという方法に出るのであるが、ここが弱く、その後の映画がコメディなのかシリアスなのか曖昧になっていく。眠らないようにと、テープでまぶたを留めて目を開け続けるというのは、どうなのか?
・蝶のイメージが出てくるが、これは胡蝶の夢が下敷き。
・白と黒、夢と現実、男と女など、様々な対比がイメージとして出てくるが、その意味付けまでは、一回見た限りでは追えなかった。

(2009/4/1)
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。