FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lost in Translation

Lost in Translationというタイトルの映画が評判らしい。日本ではまだ公開されていない。日本を舞台にしたソフィー・コッポラ監督のアメリカ映画。スランプに陥り落ち目になりかかってるアメリカ人俳優が日本企業にCM出演を依頼され、東京に撮影に来る。だが、日本語と英語での通訳のギクシャクで仕事は進まない。そこに別のアメリカ人女性との出会い。異なる言語間でのギクシャクばかりではない。同一の言語・文化を共有する個人の間にも「共役不可能」と思われるギクシャクが横たわる。

Lost in Translationというのは翻訳の過程で失われてしまう情報や情感などのすべてを言う。コミュニケーションのツールの最も身近なものは言語だが、それを題材に、あらゆるコミュニケーションにかかわる問題として取り上げているらしい。映画に描かれている日本は、かなりクエスチョナブルなものらしいが、テーマは深い。

翻訳というのは完璧はありえない。これはウチのメインページに新しい作品の翻訳をアップするたびに思う。できるだけ気持ちを正確に伝えたいという気持ちはあるのだが、相手の言語と日本語の言語的特徴や背景文化などに、できる訳文が激しく歪んでしまってることを痛感する。その歪みをできるだけなくしたいとすると、例えばAutelさんのところのO嬢の物語ページのように緻密な研究を重ねなければならないだろう。僕には無理だ(とほほ)

映画自体は見ていないが、タイトルだけでいろいろ考えさせられてしまった。

ちなみにLost in Translationは、「翻訳で失われるもの」を実感できるページ。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。