FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「西の魔女が死んだ」

西の魔女
goo映画から

中学生になったばかりのまいは学校へ行くのが嫌になり、ママの提案でおばあちゃんのもとでひと夏を過ごすことになる。魔女の血筋を引くというおばあちゃんの暮らしは自給自足。野菜やハーブを育て、昔ながらの知恵を活かしながらの生活は、まいにとって新鮮に感じられた。課された“魔女修行”は、早寝早起き、食事をしっかり摂り規則正しい生活をするというもの。そんな暮らしは、やがてまいの心にも変化を起こさせるのだった…。


★★★

・上品な印象の映画。これはおばあちゃん役のサチ・パーカーの丁寧な言葉遣いによるのが大きい。あの、片言具合がうまく効いている。
・前半はジブリのような田舎風景の描写と、そこで祖母と二人で暮らすことになった登校拒否の中学生との、つかずはなれずの生活といった感じで、ありきたりな印象が濃い。いや、でも、そのありきたりなところは、かえって、安心して見てられるというところか?
・中盤、ニワトリが惨殺され、近くに住む男が捨てたエロ本が映し出されてから、極度に潔癖すぎる、扱いづらい中学生女子が大人へと変わるというテーマがうすうす見えてくる。
・だが、映画は、そこらたりのところをあんまり深追いしない。
・終盤にきて、おばあちゃんの死と、言うべきことを言えなかった後悔と、その救いが表わされるが、ここもわりと蛋白
・蛋白と上品さが売りなのか。何か、マトを絞りきれていない印象が残った。惜しい感じ。
・画像は、おばあちゃんが、バラの木の下にはにんにくを植えると良い、虫がつかないから、と説明しているところ。
(2008/6/21)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。